西村内科からのお知らせ


by nishimura_naika

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
休診
先生からのお知らせ
雑記
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

6/30
at 2018-06-29 23:49
2018年5月2日
at 2018-04-03 20:58
市民公開講座
at 2018-02-01 22:47
2018年1月23日(火曜日)
at 2018-01-23 09:04
本日の診察
at 2018-01-22 15:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療

画像一覧

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

当院の診察受け付け時間についてのお願い

 西村内科は「診察時間」との表記で、午前中は12時まで、午後は19時(水曜は17時)まで、となっております。お気づきのように「診察受付時間」ではないので、曖昧な部分があります。
 終了時間間際に来院した患者さんの診察をお断りする事があり、「時間内なのに。」と思われる方もいらっしゃると思います。院内にも提示してますが、「診療内容によってはぎりぎりの受診は受け付けられない。」というスタンスです。初診の方で、他院で治療中の疾患があっても詳細が不明であったり、症状の内容が各種検査の必要のあるものであったり、などで非常に時間がかかりそうな場合は受けられないとお伝えする事があります。スタッフの勤務シフトや、私自身の医師会の会議や講演会など出席の事情もあり、ある程度の時間までに終了しないとならない場合があるのです。

 誤解やトラブルを避けるためには「受付の終了時刻」を決めてしまうべきですが、いつもの薬がなくなって困ってしまうという仕事帰りのギリギリの方などは定時処方くらいは出せるので受付けています。その辺りのさじ加減をくみ取って頂ければ幸いですが、最近ははっきり線引きをしないと納得されない人々も多い世の中です。医学的に本当にその場で対応が必要なケースは「救急外来」受診を。

 時々、当院に向かう車の中から電話をかけてきて、「今そっちに向かっているから待ってて欲しい。」という方もいらっしゃいますが、原則的には終了時間を過ぎた場合は閉めてしまいます。電話があって待ってても、電話をされた方自身が、間に合わないと判断されたのか、結局その後の連絡が無いままいらっしゃらない事もあるのです。事務・ナースを待機させ、薬局にも電話を入れて待っててもらうので、多くの方にも迷惑をかけてしまう事になります。
 

 

[PR]
by nishimura_naika | 2013-10-21 08:34 | 先生からのお知らせ | Comments(0)

台風

2013年10月16日、水曜日です。
朝になり雨はやんでいますが、風が強く外を歩くのも危ない様子です。

本日の診療に関しては、職員の出勤可否、安全など考慮して、臨時の時間変更や休診の決定をするかも知れません。ご了承ください。

また御高齢の患者さんなどは定時のお薬のみ必要な場合などは、ご家族などの代理の人に頼んでの、処方箋発行も可能ですので、安全優先で!


[PR]
by nishimura_naika | 2013-10-16 08:37 | 先生からのお知らせ | Comments(0)

kind of blue

f0254812_4313756.jpg

 今回は診察室の壁に飾ってる写真の一つをご紹介します。
ジャズが好きな方にはあまりに有名なセッションの写真。Miles Davisのアルバム、KIND OF BLUE録音時の風景です。1959年。
 左からJohn Coltrane,Cannonball Adderley,Miles Davis,Bill Evansが写っている超豪華な空間です。この光景を現実に目の前にして、カメラのシャッターを切った人間がいたという事実すら何だか夢のようですね。
 ColtraneとAdderleyの割と適当な着こなしと、DavisとEvansのトラッドっぽいお洒落さと対比も印象的。
 Coltraneのテナーの構え方には熱さ、Adderleyのアルトの構えには真剣さ、セッションのリーダーとしてのDavisの思慮深い表情、新たなジャズの演奏スタイルへの戸惑いと興奮も感じたであろうEvansのピアノに向かう難しい表情、を勝手に感じて楽しんでいます。
 マイルス・デイビスという名前を知らない人はいないでしょうし、ジャズに興味を持った人が聴き始めるきっかけが彼という場合も多いと思いますが(私もそうでした)、「歴史的名盤」であるこのKIND OF BLUEからスタートするのはお勧めしません。
 ここには当時当たり前に演奏されていたスタイルを脱却して、新しい演奏スタイルを頭に描くリーダー、Miles Davisが、即興演奏というフォーマットでメンバーと共にその音を如何に具現化するかの奇跡的な成功記録があり、確信と未知の領域への緊張が絶妙のバランスで焼き付けられています。

 「ジャズ」音楽の持つスイング感を期待して聴くと期待はずれだと思いますが、「音楽全般」愛好家で未聴なら即行で購入を!
[PR]
by nishimura_naika | 2013-10-09 05:03 | 雑記 | Comments(0)

本棚の書籍

 待合室に設置の本棚の書籍は、基本的に全て私の私物で、自分で選んで置いてあります。医院の待合室向けの選択のつもりなのですが、サブカル、音楽、アート系の内容が多くなってます。
 
 しかし、時々本が持ち去られてしまいます。読んでいてうっかり持ち帰ってしまうこともあるかも知れません。家で読みたい本があった場合は、受付の者に言って頂ければ、貸出しをしますので遠慮なく!
[PR]
by nishimura_naika | 2013-10-09 04:24 | 雑記 | Comments(0)

2013年末から2014年始の休診お知らせ

今年は12月29日の日曜日から来年の1月5日の日曜日まで休診となります。
定時のお薬の日数など確認お願いします。
[PR]
by nishimura_naika | 2013-10-09 04:16 | 休診 | Comments(0)