人気ブログランキング |


西村内科からのお知らせ


by nishimura_naika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
休診
先生からのお知らせ
雑記
未分類

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

今年2019年のゴールデンウ..
at 2019-03-31 20:34
2019年3月9日
at 2019-01-25 21:44
休診とインフルエンザワクチン..
at 2018-12-07 20:42
本日9月21日金曜日午後
at 2018-09-21 14:56
本日9月21日金曜日午後
at 2018-09-21 14:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療

画像一覧

kind of blue

f0254812_4313756.jpg

 今回は診察室の壁に飾ってる写真の一つをご紹介します。
ジャズが好きな方にはあまりに有名なセッションの写真。Miles Davisのアルバム、KIND OF BLUE録音時の風景です。1959年。
 左からJohn Coltrane,Cannonball Adderley,Miles Davis,Bill Evansが写っている超豪華な空間です。この光景を現実に目の前にして、カメラのシャッターを切った人間がいたという事実すら何だか夢のようですね。
 ColtraneとAdderleyの割と適当な着こなしと、DavisとEvansのトラッドっぽいお洒落さと対比も印象的。
 Coltraneのテナーの構え方には熱さ、Adderleyのアルトの構えには真剣さ、セッションのリーダーとしてのDavisの思慮深い表情、新たなジャズの演奏スタイルへの戸惑いと興奮も感じたであろうEvansのピアノに向かう難しい表情、を勝手に感じて楽しんでいます。
 マイルス・デイビスという名前を知らない人はいないでしょうし、ジャズに興味を持った人が聴き始めるきっかけが彼という場合も多いと思いますが(私もそうでした)、「歴史的名盤」であるこのKIND OF BLUEからスタートするのはお勧めしません。
 ここには当時当たり前に演奏されていたスタイルを脱却して、新しい演奏スタイルを頭に描くリーダー、Miles Davisが、即興演奏というフォーマットでメンバーと共にその音を如何に具現化するかの奇跡的な成功記録があり、確信と未知の領域への緊張が絶妙のバランスで焼き付けられています。

 「ジャズ」音楽の持つスイング感を期待して聴くと期待はずれだと思いますが、「音楽全般」愛好家で未聴なら即行で購入を!
by nishimura_naika | 2013-10-09 05:03 | 雑記 | Comments(0)